石材の種類をその生成ごとに分類してわかりやすく解説するサイト『大理石など石材の種類』

●●●火山岩●●●

【火山岩とは】

火山岩とは、火成岩の中でもマグマが地表または地表近くで急激に冷やされて固まった
もので、結晶が大きく成長していないのが特徴です。
長石・輝石・カンラン石等は早い時期に結晶し、鉱物特有の形を示しています。
ですが石英の結晶が一番最後になるため、ガラス状の石基が結晶となっていないことが多く、
そのため鉱物同士の結合力は弱く、白い石基状にヒビの入ることがあります。

【流紋岩】

流紋岩とは、組織的には花崗岩と同じなのですがガラス状の石基があり、火山の熔岩が流れて
固まった形跡が石模様となって見られます。
色は白か淡褐色が多いですが、青・赤・黄を帯びているものもあります。

【安山岩】

安山岩とは、組織的に閃緑岩と同じなのですが、わが国の現在の火山を構成している最も
主要な岩名です。
色は灰色で、耐久性・耐火性は花崗岩より優れており、建築用資材としては花崗岩と並んで
人気も高く、需要も多いです。

【玄武岩】

玄武岩とは硬くて綿密な火成岩で、長石・輝石・磁鉄鉱などからできた暗灰色の色をして
おり、角孔質で六角形の柱状節理のものが多いです。